GTO 三菱 の買取・査定 | 中古車の買い取り、中古車査定ならGTNET

GTO 三菱 の高価買取実施中!!

GTO 三菱 の買取・査定は
スポーツカー専門のGTNETにお任せください。
専門店だから出せる納得の高価格であなたのGTO 三菱の買取、査定を致します。チューニングや改造、各種パーツを取り付けしたGTO 三菱も高価買取・査定いたします。

GTO 三菱 高価買取・査定の情報

現在は新車で販売されていないGTO。大排気量に4WDターボという組み合わせは、当時の時代を象徴するかのようなモデルです。中古車市場ではあまり球数も少なく、特に後期型モデルのターボやMRなどのモデルはほぼ出てこないくらいの希少な車になっています。そのため、これらのモデルは、GTOの中でも高価買取のポイントです!その一方で、通常モデルの前期型などはかなり厳しい査定価格になってくるでしょうか。


GTO 三菱
カラーで見る 高価買取のポイント!

そもそもの球数が少ないことから、どの色でもほとんど値段は変わりません。ただ、後期型のMRでレッドなどは比較的人気があり高価買取のポイント!全体的には言えることは、外装や内装、機関系の程度次第で買取価格は変わってきます。色による査定価格の違いはそこまでないでしょう。

GTO 三菱
グレードで見る 高価買取のポイント!

ターボモデルとNAモデルがラインナップされており、やはりターボモデルのマニュアル車両が高価買取のポイント!その中でもMRのグレードはいまでもかなりの高値で取引されています。中古車市場での球数がほとんどないMRなだけに、所有されている方は大事に持っておくことでいつまでも理想の買取価格がつくかもしれません。

買取査定 ボタン

フリーダイアル


GTNET買取 オンライン査定の流れ

GTO 三菱 買取・査定申込フォーム

三菱 GTOの魅力に迫る

ハイパワー4WDスポーツとしてGT-Rのライバルで登場した三菱GTO。その魅力と性能に迫る。

GTOの誕生

1990年10月、イタリア語でグラン・ツーリスモ・オモロゲートを略した言葉であるGTOは、本格的なスポーツカーとして発売された。「走る・曲がる・止まる」をより高めるために4輪すべてを制御する「オール・ホイール・コ ントロール理念」という考え方を基本とし、4WDのほか、 高度な4輪制御システムを、サスペンション、ブレーキ、 ステアリングに採用。1840mmのワイドボディ&ワイドトレッドを持つGTOに搭載されるエンジンは、V型6気筒DOHCの3Lを搭載、自然吸気エンジンで最高出力は225ps、インタークーラーツインターボでは280psを発揮する。スポーツカーとして珍しく、センターデフ式フルタイム4WDを採用するのがGTOの特徴で、そのために車両重量は非常に重くなり、レーシング用のブレーキとして開発されているAPのブレーキを採用したモデルもある。


GTOの進化

92年1月、225/55R16から225/50R17扁平タイヤへ変更、17インチアルミホイールを装着した。電動格納式ドアミラーの採用やメーカーオプションとしてグラストップ仕様車を設定するなど、ラグジュアリーを意識するパーツが追加となった。93年8月に一回目のマイナーチェンジが施される。特徴的なリトラクタブル(開閉式)ヘッドライトを4灯固定式プロジェクタータイプへ変更。5速マニュアルと、ツインターボモデルは新たに6速マニュアルを採用した。全モデルで助手席エアバックを設定し、安全装備を強化。メーカーオプションとしてグラストップ仕様車も用意した。 94年8月、グレード「ツインターボMR」を追加。BBS製17インチホイール、4WS、オートクルーズ、フォグランプレス、ABSメーカーオプションとし、60kg軽量化によりスポーツ性能を重視したGTOが登場。メーカーオプションとして、今までのグラストップに変え、電動チルト&アウターサンルーフ仕様車を選択できるようになった。 96年8月、2度目のマイナーチェンジを実施。フロントバンパー&リアスポイラーの変更などのエクステリアデザ インを変更。17インチホイールを、ツインターボモデルは18インチクロムメッキホイール(40扁平タイヤ)の採用へと変更している。98年8月、3度目のマイナーチェンジを実施。フロントバンパー、ヘッドライト、センターガーニッシュ、リアスポイラーなどのデザインを変更し、スタイルのリフレッシュを図り、00年の9月でGTOの幕が下ろされた。


V型6気筒DOHCの3Lを搭載、自然吸気エンジンで最高出力は225ps。イタリア語でグラン・ツーリスモ・オモロゲートを略した言葉であるGTOは、本格的なスポーツカーとして発売された。「走る・曲がる・止まる」をより高めるために4輪すべてを制御する「オール・ホイール・コントロール理念」という考え方を基本とし、4WDのほか、高度な4輪制御システムを、サスペンション、ブレーキ、ステアリングに採用。


ツインターボ

V型6気筒DOHCの3Lを搭載、インタークーラーツインターボで280psを発揮する。イタリア語でグラン・ツーリスモ・オモロゲートを略した言葉であるGTOは、本格的なスポーツカーとして発売された。「走る・曲がる・止まる」をより高めるために4輪すべてを制御する「オール・ホイール・コントロール理念」という考え方を基本とし、4WDのほか、高度な4輪制御システムを、サスペンション、ブレーキ、ステアリングに採用。

225/55R16から225/50R17扁平タイヤへ変更、17インチアルミホイールを装着した。電動格納式ドアミラーの採用やメーカーオプションとしてグラストップ仕様車を設定するなど、ラグジュアリーを意識するパーツが追加となった。


ツインターボ

225/55R16から225/50R17扁平タイヤへ変更、17インチアルミホイールを装着した。電動格納式ドアミラーの採用やメーカーオプションとしてグラストップ仕様車を設定するなど、ラグジュアリーを意識するパーツが追加となった。

スペシャルバージョン

「スペシャルバージョン」は豪華仕様となる特別仕様車。CDプレイヤーや本革シート、開放的なルーフ形状をもつグラストップを特別装備する。

ツインターボスペシャルバージョン

「スペシャルバージョン」は豪華仕様となる特別仕様車。CDプレイヤーや本革シート、開放的なルーフ形状をもつグラストップを特別装備する。

93年8月に一回目のマイナーチェンジが施される。特徴的なリトラクタブル(開閉式)ヘッドライトを4灯固定式プロジェクタータイプへ変更。5速マニュアルと、ツインターボモデルは新たに6速マニュアルを採用した。全モデルで助手席エアバックを設定し、安全装備を強化。メーカーオプションとしてグラストップ仕様車も用意した。


ツインターボ

93年8月に一回目のマイナーチェンジが施される。特徴的なリトラクタブル(開閉式)ヘッドライトを4灯固定式プロジェクタータイプへ変更。5速マニュアルと、ツインターボモデルは新たに6速マニュアルを採用した。全モデルで助手席エアバックを設定し、安全装備を強化。メーカーオプションとしてグラストップ仕様車も用意した。

メーカーオプションとして、今までのグラストップに変え、電動チルト&アウターサンルーフ仕様車を選択できるようになった。


ツインターボ

メーカーオプションとして、今までのグラストップに変え、電動チルト&アウターサンルーフ仕様車を選択できるようになった。

ツインターボMR

MRとは三菱レーシングの略称で、そのモデルのスポーツ性能を追求したグレードに与えられる。BBS製17インチホイール、4WS、オートクルーズ、フォグランプレス、ABSメーカーオプションとし、60kg軽量化によりスポーツ性能を重視した。

時代背景から、低価格の志向へと移り変わっていく中で、GTOも装備品を見直して価格改定を図った。ベースモデルであるGTOは300万切る価格帯に変更し、名称も「GTO SR」となった。


ツインターボ

ツインターボモデルは特に変更点なし。

ツインターボMR

ツインターボモデルは特に変更点なし。

96年8月、2度目のマイナーチェンジを実施。フロントバンパー&リアスポイラーの変更などのエクステリアデザインを変更。17インチホイールを、ツインターボモデルは18インチクロムメッキホイール(40扁平タイヤ)の採用へと変更している。


ツインターボ

96年8月、2度目のマイナーチェンジを実施。フロントバンパー&リアスポイラーの変更などのエクステリアデザインを変更。17インチホイールを、ツインターボモデルは18インチクロムメッキホイール(40扁平タイヤ)の採用へと変更している。

ツインターボMR

96年8月、2度目のマイナーチェンジを実施。フロントバンパー&リアスポイラーの変更などのエクステリアデザインを変更。17インチホイールを、ツインターボモデルは18インチクロムメッキホイール(40扁平タイヤ)の採用へと変更している。

3度目のマイナーチェンジを実施。フロントバンパー、ヘッドライト、センターガーニッシュ、リアスポイラーなどのデザインを変更し、スタイルのモダン化を図った。00年の9月でGTOの幕が下ろされた。


ツインターボ

3度目のマイナーチェンジを実施。フロントバンパー、ヘッドライト、センターガーニッシュ、リアスポイラーなどのデザインを変更し、スタイルのモダン化を図った。00年の9月でGTOの幕が下ろされた。

ツインターボMR

3度目のマイナーチェンジを実施。フロントバンパー、ヘッドライト、センターガーニッシュ、リアスポイラーなどのデザインを変更し、スタイルのモダン化を図った。00年の9月でGTOの幕が下ろされた。



GTO 三菱 の最新在庫情報

2 件中  1~2を表示
1


GTO 三菱 の買取、査定、中古車買取、中古車査定、車を高く売りたい方はGTNET

GTO 三菱 の買取、査定に関して疑問点はございませんか?GTNETが運営する中古車の買取、中古車査定サイト「スポーツカーの中古車買取・中古車査定ならGTNET」なら、お車の買取、査定、売却、はもちろんの事、GTO 三菱 の買取、査定などの情報が満載です。GTO 三菱 の買取、査定のことをもっと知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。あなたのわがままにこたえる査定額になるようきっと方法があるはずです。なお、掲載中のGTO 三菱 の買取、査定などの情報は独自に調査・採取したデータを掲載しております。詳細な情報については、お電話もしくはメールにお問い合わせください。


買取査定 ボタン




GTO 三菱 のトップへ戻る GTO 三菱 のトップへ戻る