プリウス トヨタ の買取・査定 | 中古車の買い取り、中古車査定ならGTNET

プリウス トヨタ の高価買取実施中!!

プリウス トヨタ の買取・査定は
スポーツカー専門のGTNETにお任せください。
専門店だから出せる納得の高価格であなたのプリウス トヨタの買取、査定を致します。チューニングや改造、各種パーツを取り付けしたプリウス トヨタも高価買取・査定いたします。

プリウス トヨタ 高価買取・査定の情報

1997年から発売されているプリウスは、高価買い取りで考えると高年式高グレードが一番高いです。また、グレードに関係なく高く買取・査定できるのはチューニングや改造を施したプリウス。フルエアロに18インチ以上のアルミホイールを装備し、ローダウンした車両は通常の買取査定相場よりも確実に高価買取が可能です!また、これはどの車でも同じですが低走行の外装に目立つキズや凹みもなく、内装にも傷・汚れ・シミ・焦げ穴・異臭などがないものです。もちろんですが、修復歴や事故歴無しは高価買い取りとして非常に重要なポイントになってきます。


プリウス トヨタ
カラーで見る 高価買取のポイント!

プリウスには、新車時にそこまで多くのカラーが設定されている訳ではないので、街中で見るプリウスもほとんどがホワイトかブラックかシルバーです。中古車市場でもこれらの色のプリウスが多く流通しており、一番高いのはホワイト。次いでブラック。カラーの中で安いのはシルバー色です。ただ、シルバーでも改造したプリウスは高く買取・査定することも可能です。また、車の状態がホワイトでもあまりよくないと査定額は低くなっていきます。

プリウス トヨタ
グレードで見る 高価買取のポイント!

プリウスにはベースのグレードとなるL、それにオーディオを装着したS、Sにクルーズコントロールや本革巻ステアリングを装備したG、SとGに17インチアルミホイールを装備し、フロントフォグランプを標準装備したツーリングセレクションがある。中古車相場としても新車時のグレード順に買取・査定額が分かれており、一番高いのはGツーリングセレクションである。また、これらのグレードにソーラー充電機能をもったルーフをオプション装備している車両は買い取り査定でも高値がつきます。そして、トヨタの各モデルにスポーツモデルとして追加されているG’sの設定がプリウスにもあるが、通常のプリウスと比較するともちろん高価買い取りになってきます。

買取査定 ボタン

フリーダイアル


GTNET買取 オンライン査定の流れ

プリウス トヨタ 買取・査定申込フォーム

中古車買取り・査定 アンケート一覧一覧を見る>>

noimg
T.H様    男性    トヨタ  プリウス 査定日:2014月2月4日
iconスポーツカーではないのにもかかわらず、買い取り査定をし...
icon目立つキズなどがなくとても状態が良かったです。
この買取に関するお客様の総合評価は、star(満足)でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>

トヨタ プリウスのヒストリー

トヨタが全世界で初となるハイブリッドを搭載した車、プリウスの歴史を振り返ります。

NHW10


1997年12月~2000年5月

最高出力58psを発生する1.5Lの直4エンジンと30kWのモーターを組み合わせ、状況に応じて片方、あるいは両方を作動させて高い経済性と低排出ガスを実現するハイブリッドシステムTHSを搭載したコンパクトセダン。車高を高く設定した室内はセンターメーターのインパネなど未来的なデザインを採用し、大人5人がゆったりと余裕の空間を実現している。制動時には車輪がモーターを動かし、発電機として作用する回生発電機能も備え、バッテリーを充電できる。前席SRSエアバッグやABSなど多くの安全装備は標準で装着される。(1997.12)

2000年5月~2001年8月

バンパーなどのデザインを変更するとともに、エンジンを72ps、モーターを33kWに引き上げ、モーターだけで最高65km/hで走れるようにした。バッテリーも小型化されトランクルームが拡大された。(2000.5)

2001年8月~2002年8月

ヨーロッパ向けに味つけされたサスペンションやアルミホイール、リアディスクブレーキ、リアスポイラーがセットされたのユーロパッケージをオプション設定。(2001.8)

2002年8月~2003年9月

制動時のエネルギー回収量を増やすことで10・15モード燃費が31km/Lに向上した。また、UVカットソフトプライバシーガラスを採用した。(2002.8)

NHW20


2003年9月~2005年11月

2代目は初代セダンから5ドアハッチバックスタイルに一新。さらに大きくなったボディサイズも相まって、リアシートの居住性、荷室の実用性が格段に向上した。ハイブリッドシステムはエンジン部分は1.5L直4のままだが、可変電圧システムの採用など制御系を進化させ、モーターの出力を高めると同時に応答性の良さを飛躍的に向上。10・15モード燃費で35.5km/Lを達成した。さらにインテリジェントパーキングアシスト、世界初のEVドライブモードなど革新的な技術を惜しみなく注いだ。グレードは車両安定化装置を装備した上級グレードのGとスタンダードのSの2種類だ。(2003.9)

2005年11月~2007年1月

グリル、ヘッドランプ、そしてリアコンビネーションランプの意匠を変更し、より先進的なイメージを確立。さらにフロントフェンダーにHYBRIDのエンブレムの追加、インパネとドアトリムのソフトパッド化などを実施している。(2005.11)

2007年1月~2007年9月

エンジン制御コンピューターの改良、触媒の追加や性能向上などにより、排出ガス浄化性能がさらに向上。「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得している。また、車載式故障診断装置には排出ガス発散防止装置の性能劣化を自動検出する機能も追加された。(2007.1)

2007年9月~2008年9月

新燃費基準の試験方法となる新しいモード、JC08モード走行燃費で29.6km/lを達成。省エネ法に基づき策定された燃費目標基準である「2015年度燃費基準」を取得した。(2007.8)

2008年9月~2009年5月

原材料価格の上昇などにより、車両価格の3%値上げを行った。(2008.8)

NHW30


2009年5月~2011年12月

3代目は5ドアハッチバックスタイルを踏襲しつつハイブリッドシステムの90%を新開発。エンジン部は排気量が+300ccの1.8L直4に変更され、モーターは小型・高回転型に。さらにトルクを増幅させるリダクションギアが新たに採用され、2.4L車並みの動力性能を確保しつつ燃費性能は10・15モード燃費で38.0km/L(Lグレード)を達成した。さらに先代モデルから採用されたインテリジェントパーキングアシストなどに加え、ムーンルーフに設置されたソーラーパネルで発電した電力を用いて室内の換気を行うソーラーベンチレーションシステムなど、新たな革新的装備が採用されている。グレードはベーシックなL、中核モデルのS、上級装備が奢られるGの3種類。(2009.5)

2011年12月~2012年10月

内外装の変更を含むマイナーチェンジが行われた。またこの変更を機に、スポーツコンバージョンモデルのSツーリングセレクション G'sを新設定。専用のエクステリアパーツや専用チューニングのサスペンション、ボディ剛性の向上も図られた本格的なスポーツモデルとなっている。(2011.12)

2012年10月~2014年4月

AC100V電源を1500Wまで使用可能とするアクセサリーコンセントがオプション設定され、停電などの非常時に車両からの給電が可能なモデル(2012.10)

2014年4月~

2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



プリウス トヨタ の最新在庫情報

15 件中  1~10を表示
1 2


プリウス トヨタ の買取、査定、中古車買取、中古車査定、車を高く売りたい方はGTNET

プリウス トヨタ の買取、査定に関して疑問点はございませんか?GTNETが運営する中古車の買取、中古車査定サイト「スポーツカーの中古車買取・中古車査定ならGTNET」なら、お車の買取、査定、売却、はもちろんの事、プリウス トヨタ の買取、査定などの情報が満載です。プリウス トヨタ の買取、査定のことをもっと知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。あなたのわがままにこたえる査定額になるようきっと方法があるはずです。なお、掲載中のプリウス トヨタ の買取、査定などの情報は独自に調査・採取したデータを掲載しております。詳細な情報については、お電話もしくはメールにお問い合わせください。


買取査定 ボタン




プリウス トヨタ のトップへ戻る プリウス トヨタ のトップへ戻る