MR-S トヨタ の買取・査定 | 中古車の買い取り、中古車査定ならGTNET

MR-S トヨタ の高価買取実施中!!

MR-S トヨタ の買取・査定は
スポーツカー専門のGTNETにお任せください。
専門店だから出せる納得の高価格であなたのMR-S トヨタの買取、査定を致します。チューニングや改造、各種パーツを取り付けしたMR-S トヨタも高価買取・査定いたします。

MR-S トヨタ 高価買取・査定の情報

MR2の後継車両として登場したミッドシップのオープンスポーツカーMR-S。中古車市場にも数多く出回り、初期モデルの安い価格帯から最終モデルの百万を超える価格帯まで流通しています。ノーマル状態では外観が非常にかっこよくないためか、エアロ付きの車両が好まれます。特に純正のカスタマイズエアロが装着されている車両は高く取引される傾向にあります。


MR-S トヨタ
カラーで見る 高価買取のポイント!

他の車種と同様にMR-Sのシルバーは査定額が安くなる傾向にあります。シルバーでノーマルというのが一番安くなります。その一方で、他の色でカスタマイズエアロ装着などですと数十万買取価格が変わってくることもあります。カラーバリエーションは豊富なMR-Sなので、シルバー以外のカラーならそこまで大きく査定額が落ち込むことはありません。

MR-S トヨタ
グレードで見る 高価買取のポイント!

MR-Sは流通量として多いのがSエディション。ベースのモデルからスポーティな要素のみを追加したモデルで、流通量も多くベースの平均価格を見る上ではSエディションという感じです。そのため、ベースグレードになるとかなり相場が落ちます。また、最終モデルで登場したファイルバージョンはずっと高値をキープしている状況です。

買取査定 ボタン

フリーダイアル


GTNET買取 オンライン査定の流れ

MR-S トヨタ 買取・査定申込フォーム

中古車買取り・査定 アンケート一覧一覧を見る>>

45dccf3ee9a08c2de37a58cb8c2378ed_00510000000000007511_1.jpg
Y.F様    男性    トヨタ  MR-S 査定日:2017月9月17日
icon距離もまだ少なく、キズ、色アセ等ありましたが、比較的き...
この買取に関するお客様の総合評価は、star(満足)でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>
64149819a9e0d630fd1b4bef3fbc3de2_00510000000000007478_1.jpg
T.A様    男性    トヨタ  MR-S 査定日:2017月9月13日
icon予想より査定が高かった
iconMR-S Sエディション 5速ミッション車の買取です。...
この買取に関するお客様の総合評価は、star(非常に満足)でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>
noimg
U様    男性    トヨタ  MR-S 査定日:2017月1月19日
icon対応の速さ
icon以前にシビックを買取させていただいたリピーター様です。...
この買取に関するお客様の総合評価は、star(満足)でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>
noimg
T.W様    男性    トヨタ  MR-S 査定日:2017月1月15日
icon取付パーツ等を評価して頂いたところが良かったです。
iconTTEターボキット・ハードトップ・エアロパーツなどバラ...
この買取に関するお客様の総合評価は、star(非常に満足)でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>
noimg
SN様    男性    トヨタ  MR-S 査定日:2014月2月11日
icon査定の際もアターパーツにも詳しく、念入り査定をして頂き...
icon外装等豊富なアフターパーツが査定の評価になりました。
この買取に関するお客様の総合評価は、star(満足)でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>

トヨタMR-Sの魅力に迫る

ミッドシップオープンスポーツカーとして独自の路線を確立したトヨタ MR-S。その開発コンセプトに迫る。

MR-Sの登場

1999年11月、MR-2の後継車として、ミッドシップのフルオープン・2シーターのスポーツカーとしてMR-S(ミッド シップ・ラナバウト・スパイダー)は登場した。先代のMR-2は、足回りの熟成により発売当初よりも乗りやすい車にはなったものの、245psもの出力をミッドシップレイアウトのショートホイールベースパッケージでは、やはり扱い辛い車であった。MR-Sの開発コンセプトは「オープン&ライトウェイトスポーツ」。誰でも気軽にミッドシップのスポーツカーを楽しめるというコンセプトに基づいて開発された。その上で、2シーターでありながらも3885mmの全長に対し2450mmのロングホイールベースとした。これは先代のMR-2よりも50mm長い。ホイールベースを 長くすれば当然、ヨー慣性ヨーモーメントは増える=旋回能力が悪くなる。それではミッドシップの意味が薄れてしまうため、MR-Sは車両重量の軽減とオーバーハングを減らし、ヨー慣性モーメントの増加を抑えた。これにより、優れた直進安定性と回頭性を両立したのである。 そして、MR-Sで一番力が入れられたのが軽量化である。 車重はわずか970kg。ロードスター1.8よりも60kg軽く、 先代MR-2よりも平均で300kgも軽い。MR-Sは別段難しいことはしておらず、骨格部材を極シンプルにストレート配置した。軽量化を徹底するためにリアトランク すら潔く諦めたのである。このボディーに組み合わせるエンジンは、可変バルブタイミング機構を採用した軽量の1.8リッターBEAMSエンジン(直4「1ZZ-FE型」)で、最高出力は140ps、最大トルクは17.4Kg-mの標準的なハイメカツインカムだが、 軽量ボディのMR-Sにとっては十分すぎるともいえる水準である。足回りは前がマクファーソンストラット、リアがデュアルリンク式マクファーソンストラット。MR-2から踏襲する4輪ストラットをさらに熟成化したものとなる。


MR-Sのマイナーチェンジ

発売当初は5速MTモデルのみの設定だったが、2000年8月にシーケンシャルMT車が追加された。これはクラッチ操作を行わずにシフト操作を可能にするもので、 AT車限定免許でも運転することができる。2002年8月にはトランスミッションをマニュアル、シーケンシャルとも5速から6速に変更し、リヤタイヤのサイズアップ、サスペンションの取り付け剛性の向上などを図った。2005年12月には小改良が行われ、全車にフロントフォグランプのインジケーターを追加したほか、リヤフォグランプ非装 着車はリヤコンビネーションランプ内のブレーキランプとテールランプの配置の変更をした。2007年7月をもってMR-Sは生産終了となり、トヨタが築きあげてきた軽量コンパクトなMRスポーツカーは一旦幕を閉じた。


2002年8月、MR-Sのマイナーチェンジが施された。トランスミッションをマニュアル、シーケンシャルとも5速から6速に変更し、リヤタイヤを15インチから16インチへとサイズアップ。サスペンションの取り付け剛性の向上などを図った。また、丸型のフォグランプを装備したフロントバンパーを装着したモダンデザインとなった。




MR-S トヨタ の最新在庫情報

3 件中  1~3を表示


MR-S トヨタ の買取、査定、中古車買取、中古車査定、車を高く売りたい方はGTNET

MR-S トヨタ の買取、査定に関して疑問点はございませんか?GTNETが運営する中古車の買取、中古車査定サイト「スポーツカーの中古車買取・中古車査定ならGTNET」なら、お車の買取、査定、売却、はもちろんの事、MR-S トヨタ の買取、査定などの情報が満載です。MR-S トヨタ の買取、査定のことをもっと知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。あなたのわがままにこたえる査定額になるようきっと方法があるはずです。なお、掲載中のMR-S トヨタ の買取、査定などの情報は独自に調査・採取したデータを掲載しております。詳細な情報については、お電話もしくはメールにお問い合わせください。


買取査定 ボタン




MR-S トヨタ のトップへ戻る MR-S トヨタ のトップへ戻る