S2000 ホンダ の買取・査定 | 中古車の買い取り、中古車査定ならGTNET

S2000 ホンダ の高価買取実施中!!

S2000 ホンダ の買取・査定は
スポーツカー専門のGTNETにお任せください。
専門店だから出せる納得の高価格であなたのS2000 ホンダの買取、査定を致します。チューニングや改造、各種パーツを取り付けしたS2000 ホンダも高価買取・査定いたします。

S2000 ホンダ 高価買取・査定の情報

FRのスポーツカーとして久しぶりに復活を果たした車がS2000 ホンダである。VTECエンジンを搭載し、9000回転まで回るエンジンは真のスポーツカーとして中古車市場でも高い人気を誇っている。一つのモデルとしてはかなりロングスパンで生産され、市場の球数も豊富にある。生産が中止となったこともあり、ある一定ラインで買取相場はキープされています。そんなS2000 ホンダをGTNET 買取では高価買取 査定を致します。


S2000 ホンダ
カラーで見る 高価買取のポイント!

ホンダと言えばチャンピオンシップホワイトという感じでしたが、S2000 ホンダに限ってはメーカーからあらゆる色が年代に応じて設定されたこともあり、シルバー系を除いては買取の際、マイナス査定となる色は少ない。ただ内装色との組み合わせで大きく変わり、真っ赤な内装や真っ青な内装は基本的に買取 査定ではマイナス査定になることが多い。外装色でも薄いブルーなどは不人気色となっていますが、パールホワイトは買取の際、基本的にプラス査定になります。

S2000 ホンダ
グレードで見る 高価買取のポイント!

S2000 ホンダの設定グレードは、タイプVとタイプSに2種類で、タイプVについては標準車とほとんど変わりがない買取価格になってきています。タイプSは最終のモデルに設定されたこともあり、買取 査定では一番高値が付くグレードです。その他、限定モデルでジオーレなども発売されましたが、買取 査定ではそこまで大きくプラス査定の対象にはなることがありません。

買取査定 ボタン

フリーダイアル


GTNET買取 オンライン査定の流れ

S2000 ホンダ 買取・査定申込フォーム

中古車買取り・査定 アンケート一覧一覧を見る>>

d7290ff2f6fa50370cc4a65410dc7eac_00510000000000005697_1.jpg
K.F様    男性    ホンダ  S2000 査定日:2017月1月4日
icon希望金額を聞かれてそれに対して頑張って頂いた。
iconボンネット他ホンダ車定番の無限パーツ多数!!...
この買取に関するお客様の総合評価は、star(満足)でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>
f4752965ad244a3365f9c3a8054d9a45_IMG_3063.JPG
K.I様    男性    ホンダ  S2000 査定日:2016月12月10日
icon分かりやすい説明が良かったです!
icon後期型のタイプV 大切に乗られていたお車でした!...
この買取に関するお客様の総合評価は、star(非常に満足)でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>
236a53d65af3d16572d2f377108966f8_00510000000000004951_1.jpg
S.M様    男性    ホンダ  S2000 査定日:2016月8月28日
iconこの車の事を良くわかってくれた事
iconワンオーナー!!屋内保管で状態良好!!...
この買取に関するお客様の総合評価は、star(非常に満足)でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>
41b2a3ac835e3bbe7903973fa660e31e_00510000000000004896_1.jpg
S.S様    男性    ホンダ  S2000 査定日:2016月8月23日
icon担当の渡辺さん対応が親切、丁寧で非常に好感が持てました...
icon当社でご購入頂いたお車ですのでそれだけで高評価!!...
この買取に関するお客様の総合評価は、star(非常に満足)でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>
fbb3a7d14166231efa3441755a25597f_IMG_9453.JPG
Y.I様    男性    ホンダ  S2000 査定日:2014月3月8日
iconスタッフの対応等はまずまずですが、買い取り金額がもう少...
iconモデルは最終型で走行距離も4000kmと少なく査定しや...
この買取に関するお客様の総合評価は、star(満足)でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>

ホンダS2000 ヒストリー

ピュアオープンスポーツ、ホンダS2000。ストイックなまでに研ぎ澄まされたシャープなドライブフィール、性能やスペック、レースでの活躍の歴史を振り返る。

S2000 AP1(前期型)

本田技研工業創立50周年記念として、29年ぶりに販売されたFR車でオープン2シータースポーツカー。新開発F20C型エンジンは 2リッターで最高出力250ps/8,300rpmと125ps/1リッターを実現。ミッションは6M/T。エンジンを前輪車軸後方に配置し車体前後重量配分を理想である50:50としている。


AP1-100系

デビューしたS2000はワングレードのみ。オープン2シーターのスタイリングとエンジン性能に注目が集まったが新開発オープンボディ骨格構造により、クローズドボディ同等以上のボディ剛性と高水準の衝突安全性を備えた。また平成12(2000)年排出ガス規制値を50%以上下回る排出ガスのクリーン化を実現している。生産は栃木・高根沢工場。

AP1-110系

2000年7月、VGSを装着したタイプVの追加発売に合わせ、タイプV以外のS2000シリーズにも変更点を追加した。まず新ボディカラーとして、ミッドナイトパールを追加。またすべてのボディカラーに、レッドの本革シートをオプション設定した。デビューから1年少々しか経過していないこともあり、性能面、価格等の変更は一切加えられていない。

TypeV (AP1-110系)

世界初のステアリング機構VGS(Variable Gear ratio Steering:車速応動可変ギアレシオステアリング)を搭載した。VGSによるステアリングレスポンスに対応した専用シャシー(専用ダンパー、専用スタビライザー、専用LSD)を採用。また、タイプV専用ステアリングホイール、リアにはVGSエンブレムを装着。ノーマルより18万円アップの設定とした。

S2000 AP1(中期型)

2001年9月14日 初のマイナーチェンジで、リアスクリーンをガラスに変更。内/外装色に新色が追加され、それらと幌色の組み合わせを選択出来る「カスタムカラープラン」を導入。エンジンフィールの洗練化、サスペンションのセッティングが見直された。前期モデルのS2000は、リアの挙動が非常にピーキーなために、プロのドライバーでも操るのが困難であった。


AP1-120系

2001年9月にS2000は初めてのマイナーチェンジを受けたが、性能面の変更では熟成させたサスペンションに変更。タイマー付熱線入りリアウィンドウや出力増したオーディオシステムの搭載など装備・内装の質感向上を図るとともに外装13色、内装5パターン、幌2色から好みの色を組み合わせることのできるカスタムカラープランを導入した。

TypeV (AP1-120系)

外装13色、内装5パターン、幌2色から好みの色を組み合わせることのできるカスタムカラープランを導入。装備・内装の質感向上を図ると共に熟成させたサスペンションに変更するなどのマイナーチェンジを受けた。タイプVでは、ステアリング機構VGS(Variable Gear ratio Steering:車速応動可変ギアレシオステアリング)を搭載した。

S2000 AP1(後期型)

2003年10月17日、フロント&リアバンパーの変更、ヘッドライトの意匠が変わり、テールライトにLEDが採用される。性能面では17インチホイールの採用に伴い、ボディ剛性の強化、サスペンションセッティングの見直しを行い、安定性を増した。トランスミッションにカーボンシンクロナイザーを採用し、シフトフィーリングが大幅に改善されている。 中期モデルまでのS2000から外観がかなり変更され、質感が向上しモダンなイメージがアップした。


AP1-130系

2003年10月、2年ぶりのマイナーチェンジを受け、ホイールを17インチ化、サスペンションをチューニングし、ボディ剛性をアップ。エクステリアでは、前後のライトとバンパーのデザインを変更し、ワイドで低重心なスタイリングを実現した。またインテリアでは、センターコンソールやオーディオリッド、メーターを一新して上質感と居住性を向上させている。

TypeV (AP1-130系)

2年ぶりのマイナーチェンジを受け、ホイールを17インチ化、サスペンションをチューニングし、ボディ剛性をアップ。前後のライトとバンパーのデザインを変更し、インテリアではセンターコンソールやオーディオリッド、メーターを一新した。タイプVでは、ステアリング機構VGS(Variable Gear ratio Steering:車速応動可変ギアレシオステアリング)を搭載した。

AP1-135系

04年3月、平成17(2005)年排出ガス規制適合モデルとして登場。それに伴い車台番号が「130****」から「135****」に変更された。そのため装備や内容は「130」と全く同じ仕様となっており、さらに短期間のみの生産のために非常にレアなモデルとなった。4月には製造していた高根沢工場が閉鎖となり、以降の生産は鈴鹿製作所へと移管された。

TypeV (AP1-135系)

04年3月、平成17(2005)年排出ガス規制適合モデルとして登場。それに伴い車台番号が「130****」から「135****」に変更された。そのため装備や内容は「130」と全く同じ仕様となっており、さらに短期間のみの生産のために非常にレアなモデルとなった。タイプVでは、ステアリング機構VGS(Variable Gear ratio Steering:車速応動可変ギアレシオステアリング)を搭載した。

AP1-200系

04年5月、製造が閉鎖された高根沢工場から鈴鹿製作所に移管され、車台番号が「135****」から「200****」に変更された。そのため装備や性能などの内容は「130****」、「135****」と同じ仕様となっている。さらにこのモデルの生産も約半年と短期間なため、「135****」同様比較的レアなモデルとなっている。

TypeV (AP1-200系)

04年5月、製造が高根沢工場から鈴鹿製作所に移管され、車台番号が「135****」から「200****」に変更された。そのため装備や内容は「130/135」と同じ仕様となっており、さらにこのモデルの生産も短期間でレアなモデルとなった。タイプVでは、ステアリング機構VGS(Variable Gear ratio Steering:車速応動可変ギアレシオステアリング)を搭載した。

S2000 AP2(前期型)

2005年にビッグマイナーチェンジを受けたS2000は、型式名もAP1からAP2に変更された。2.2リッターのF22A型エンジンに変更。最高出力は250psから242psへダウンしたが低中速のトルクが向上。スロットルボディにリニアで自然なアクセルフィールを実現するDBW(ドライブ・バイ・ワイヤ)を採用した。はDBWが採用され、トラクションコントロールもより安定方向にセッティングされた。


AP2-100系

05年にビッグマイナーチェンジを受けたS2000は、型式名もAP1からAP2に変更された。2.2リッターのF22A型エンジンに変更。最高出力は250psから242psへダウンしたが低中速のトルクが向上。スロットルボディにリニアで自然なアクセルフィールを実現するDBW(ドライブ・バイ・ワイヤ)を採用した。

TypeV (AP2-100系)

2.2リッターのF22A型エンジンに変更。最高出力は250psから242psへダウンしたが低中速のトルクが向上。スロットルボディにリニアで自然なアクセルフィールを実現するDBW(ドライブ・バイ・ワイヤ)を採用した。タイプVでは、ステアリング機構VGS(Variable Gear ratio Steering:車速応動可変ギアレシオステアリング)を搭載した。

S2000 AP2(後期型)

2007年10月、S2000は最後のマイナーチェンジを受けた。全タイプにVSAとサテライトスピーカーを標準装備。タイプSは、専用フロントスポイラー、専用大型リアスポイラーと攻撃的なエアロパーツを装着。専用のサスペンションチューニングを施し、空力性能とステアリング操作の応答性を追求したワインディングを攻めるモデルに。


AP2-110系

2007年10月、S2000は最後のマイナーチェンジを受けた。全タイプにVSAとサテライトスピーカーを標準装備。安全性、快適性を向上させるとともに、専用のエアロパーツ、専用のサスペンションチューニングを施した。S2000は2009年6月をもって製造を中止。これによりカタログから「S2000 」の文字が消えることとなった。

TypeS (AP2-110系)

2007年10月、S2000は最後のマイナーチェンジを受けた。全タイプにVSAとサテライトスピーカーを標準装備。タイプSは、専用フロントスポイラー、専用大型リアスポイラーと攻撃的なエアロパーツを装着。専用のサスペンションチューニングを施し、空力性能とステアリング操作の応答性を追求したワインディングを攻めるモデルに。



S2000 ホンダ の最新在庫情報

20 件中  1~10を表示
1 2


S2000 ホンダ の買取、査定、中古車買取、中古車査定、車を高く売りたい方はGTNET

S2000 ホンダ の買取、査定に関して疑問点はございませんか?GTNETが運営する中古車の買取、中古車査定サイト「スポーツカーの中古車買取・中古車査定ならGTNET」なら、お車の買取、査定、売却、はもちろんの事、S2000 ホンダ の買取、査定などの情報が満載です。S2000 ホンダ の買取、査定のことをもっと知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。あなたのわがままにこたえる査定額になるようきっと方法があるはずです。なお、掲載中のS2000 ホンダ の買取、査定などの情報は独自に調査・採取したデータを掲載しております。詳細な情報については、お電話もしくはメールにお問い合わせください。


買取査定 ボタン




S2000 ホンダ のトップへ戻る S2000 ホンダ のトップへ戻る