スープラ トヨタ の買取・査定 | 中古車の買い取り、中古車査定ならGTNET

スープラ トヨタ の高価買取実施中!!

スープラ トヨタ の買取・査定は
スポーツカー専門のGTNETにお任せください。
専門店だから出せる納得の高価格であなたのスープラ トヨタの買取、査定を致します。チューニングや改造、各種パーツを取り付けしたスープラ トヨタも高価買取・査定いたします。

スープラ トヨタ 高価買取・査定の情報

トヨタの代表的なスポーツカーとしてH14年まで生産されたスープラ。3リッターのNAエンジンとターボエンジンを持ち、大排気量と大パワーで国内でもかなりの人気となった。現在も年式を考えると非常に高値で取引されており、特に後期モデルの80スープラとなると査定額も結構高い状況です。中古車市場でも高値で取引がされており、それでも購入したいユーザー層がいるということが、スープラの買取相場を押し上げている要因となっている。


スープラ トヨタ
カラーで見る 高価買取のポイント!

スープラは白か黒が基本的には人気色。流通量もこの2色が多く、ベースの相場を作っています。シルバーやグレーもそこまで安くなるわけではなく、白と黒とほとんど変わらない査定相場になっています。後期モデルにのみ設定されたブルーは、後期型というのと希少性から高い価格がつく傾向にありますが、後期型という点がの方が価格を押し上げる要因としては大きいかもしれません。

スープラ トヨタ
グレードで見る 高価買取のポイント!

スープラのターボモデルRZが一番人気となり、買取価格も高値が付きます。次いでRZ-S、SZ-Rという感じで新車時のグレード構成通りの相場帯になっています。RZ系のグレードでエアロを装着して18インチアルミなどはいていると価格としては跳ね上がっていくイメージです。球数も少なくなってきているので、程度が良く距離も少ない車両に高値が付く傾向となっています。

買取査定 ボタン

フリーダイアル


GTNET買取 オンライン査定の流れ

スープラ トヨタ 買取・査定申込フォーム

中古車買取り・査定 アンケート一覧一覧を見る>>

6bbdc71b01a168c817da8af4883a8f14_00510000000000005615_1.jpg
T.W様    男性    トヨタ  スープラ 査定日:2016月12月17日
icon休日に出張で自宅まで来てもらえるところ。
icon未だに人気の80スープラ!! 希少な最終モデル!!...
この買取に関するお客様の総合評価は、star(やや満足)でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>

トヨタ スープラの魅力に迫る

ハイパワー2WDFRスポーツとして人気を誇ったトヨタスープラ。その魅力と性能に迫る。

80 スープラの誕生

93年5月、2代目スープラはトヨタを代表するGTスポーツカーとなった。ボディデザインは70スープラのイメージをどこか残しながらも、3ナンバーサイズをフルに生かして、張りつめた筋肉と骨格を思わせるマッチョなスタイルに変身。1810mmワイド&1275mmローフォルムの2+2シーターボディ。内装もメーターパネルをドライバー側に傾けたコックピットスタイルを採用し、イメージを一新させ た。パワートレインは、直列6気筒3Lのみ。自然吸気のDOHC(2JZ-GE:225馬力/29.0kgm)とツーウェイツインターボ(2JZ-GTE:280馬力/44.0kgm)の2ユニット。 それぞれ4速AT、ツインターボは6速(ゲトラグ社製)、自然吸気は5速マニュアルの選択が可能。装備充実の 「GZ」とスポーティな「RZ」、それに自然吸気「SZ」の全3グレード設定とする。前後異サイズのタイヤに、RZはビルシュタイン社製ショックアブソーバーを採用した。


スープラ SZ

自然吸気のDOHC(2JZ-GE:225馬力/29.0kgm)エンジンを積むグレードで、5速MTと4速ATの設定となった。スープラ自然吸気エンジンのベースモデルとなる。

スープラ SZ エアロトップ

自然吸気のDOHC(2JZ-GE:225馬力/29.0kgm)エンジンを積むグレードで、4速ATの設定となった。エアロトップでは、スープラ自然吸気エンジンをベースにルーフをオープンにしたタルガトップ仕様である。

スープラ RZ

ツーウェイツインターボ(2JZ-GTE:280馬力/44.0kgm)エンジンを積むグレードで、国内初のゲドラグ製6速MTを搭載する。大型のリヤスポイラーはオプション装備となる。スープラターボ車のベースモデルである。

スープラ GZ

ツーウェイツインターボ(2JZ-GTE:280馬力/44.0kgm)エンジンを積むグレードで、4速ATが設定された。スープラターボ車をベースに、SRSエアバッグ、本革シート、電動スライドシートを装備。また、速度に応じてフロントリップスポイラーが開閉するフロントアクティブスポイラーも標準装備する豪華なグレードである。

スープラ GZ エアロトップ

ツーウェイツインターボ(2JZ-GTE:280馬力/44.0kgm)エンジンを積むグレードで、4速ATが設定された。スープラターボ車をベースに、SRSエアバッグ、本革シート、電動スライドシートを装備。また、速度に応じてフロントリップスポイラーが開閉するフロントアクティブスポイラーも標準装備する豪華なグレードである。エアロトップでは、ルーフをオープンにしたタルガトップ仕様である

80 スープラの進化

ツインターボモデルに高性能17インチタイヤ&大容量ブレーキを新たにオプション設定した。これまで、日本国内では40&45扁平タイヤが認可されておらず、スープラの性能には役不足なタイヤ&ブレーキが一新された。またNAエンジン搭載車にビルシュタイン製サスやトルセンLSD、前後異サイズタイヤを標準装備したSZ-Rをラインナップした。


スープラ SZ

自然吸気のDOHC(2JZ-GE:225馬力/29.0kgm)エンジンを積むグレードで、5速MTと4速ATの設定となった。スープラ自然吸気エンジンのベースモデルとなる。

スープラ SZ-R

自然吸気のDOHC(2JZ-GE:225馬力/29.0kgm)エンジンを積むグレードで、5速MTの設定とる。SZ-Rでは、ビルシュタイン製サスやトルセンLSD、前後異サイズタイヤを標準装備したスポーツモデルである。

スープラ SZ エアロトップ

自然吸気のDOHC(2JZ-GE:225馬力/29.0kgm)エンジンを積むグレードで、4速ATの設定となった。エアロトップでは、スープラ自然吸気エンジンをベースにルーフをオープンにしたタルガトップ仕様である。

スープラ RZ

ツーウェイツインターボ(2JZ-GTE:280馬力/44.0kgm)エンジンを積むグレードで、国内初のゲドラグ製6速MTを搭載する。大型のリヤスポイラーはオプション装備となる。スープラターボ車のベースモデルである。

スープラ GZ

ツーウェイツインターボ(2JZ-GTE:280馬力/44.0kgm)エンジンを積むグレードで、4速ATが設定された。スープラターボ車をベースに、SRSエアバッグ、本革シート、電動スライドシートを装備。また、速度に応じてフロントリップスポイラーが開閉するフロントアクティブスポイラーも標準装備する豪華なグレードである。

スープラ GZ エアロトップ

ツーウェイツインターボ(2JZ-GTE:280馬力/44.0kgm)エンジンを積むグレードで、4速ATが設定された。スープラターボ車をベースに、SRSエアバッグ、本革シート、電動スライドシートを装備。また、速度に応じてフロントリップスポイラーが開閉するフロントアクティブスポイラーも標準装備する豪華なグレードである。エアロトップでは、ルーフをオープンにしたタルガトップ仕様である

95年に行われた変更では、全車のボディカラーの設定が見直された。また、これまでオプション装備扱いであった大型のリヤスポイラーがRZに標準装備された。そして、新たにRZ-Sが設定され、RZは6速MTのみの設定に変更された。


スープラ SZ

自然吸気のDOHC(2JZ-GE:225馬力/29.0kgm)エンジンを積むグレードで、5速MTと4速ATの設定となった。スープラ自然吸気エンジンのベースモデルとなる。

スープラ SZ-R

自然吸気のDOHC(2JZ-GE:225馬力/29.0kgm)エンジンを積むグレードで、5速MTの設定となる。SZ-Rでは、ビルシュタイン製サスやトルセンLSD、前後異サイズタイヤを標準装備したスポーツモデルである。

スープラ SZ エアロトップ

自然吸気のDOHC(2JZ-GE:225馬力/29.0kgm)エンジンを積むグレードで、4速ATの設定となった。エアロトップでは、スープラ自然吸気エンジンをベースにルーフをオープンにしたタルガトップ仕様である。

スープラ RZ-S

ツーウェイツインターボ(2JZ-GTE:280馬力/44.0kgm)エンジンを積むグレードで、国内初のゲドラグ製6速MTを搭載する。新たに設定されたRZ-Sは、これまでのRZの装備を引き継いだ形で、オーディオやステアリングなどの装備が見直された。

スープラ RZ

ツーウェイツインターボ(2JZ-GTE:280馬力/44.0kgm)エンジンを積むグレードで、国内初のゲドラグ製6速MTを搭載する。RZ-Sが設定されたことで、RZは走りのTOPグレートとしてリヤウィングを標準装備し、6速MTのみの設定となった。

スープラ GZ

ツーウェイツインターボ(2JZ-GTE:280馬力/44.0kgm)エンジンを積むグレードで、6速MTと4速ATが設定された。スープラターボ車をベースに、SRSエアバッグ、本革シート、電動スライドシートを装備。また、速度に応じてフロントリップスポイラーが開閉するフロントアクティブスポイラーも標準装備する豪華なグレードである。

96年4月、フロントのヘッドライトやバンパー、リアランプ、インパネの形状が変更された。RZには17インチが標準装備され、SZ以外のグレードには16インチの前後異径サイズが装備された。またNAエンジン搭載のSZ-Rに6MTを搭載。全車にABS、デュアルエアバッグが標準装備された。GZのグレードは廃止され、本革シートはRZ-SとSZにオプション設定された。 足回りの強化も図られ、ショックアブソーバー、ブッシュ類、コイルスプリングなどの構成部品に手が入れられ、サスペンション取り付け部の剛性も強化された。


スープラ SZ

自然吸気のDOHC(2JZ-GE:225馬力/29.0kgm)エンジンを積むグレードで、5速MTと4速ATの設定となった。スープラ自然吸気エンジンのベースモデルとなる。GZの廃止によって本革シートがオプション設定された。

スープラ SZ-R

自然吸気のDOHC(2JZ-GE:225馬力/29.0kgm)エンジンを積むグレードで、5速MTの設定となる。SZ-Rでは、ビルシュタイン製サスやトルセンLSD、前後異サイズタイヤを標準装備したスポーツモデルである。今回、RZと同じゲドラグ製6速MTを装備し、本革ステアリングホイールも装着した。

スープラ SZ エアロトップ

自然吸気のDOHC(2JZ-GE:225馬力/29.0kgm)エンジンを積むグレードで、4速ATの設定となった。エアロトップでは、スープラ自然吸気エンジンをベースにルーフをオープンにしたタルガトップ仕様である。GZが廃止されたことで、エアロトップ仕様はSZのみとなった。

スープラ RZ-S

ツーウェイツインターボ(2JZ-GTE:280馬力/44.0kgm)エンジンを積むグレードで、国内初のゲドラグ製6速MTを搭載する。今回RZ-Sには、オプションで本革シートが設定された。

スープラ RZ

ツーウェイツインターボ(2JZ-GTE:280馬力/44.0kgm)エンジンを積むグレードで、国内初のゲドラグ製6速MTを搭載する。リヤウィングを標準装備し、6速MTのみの設定となる。今回、本革巻きのステアリングホイールとブースト計が新たに設定さえた。また、17インチの前後異径アルミホイール及び大容量ブレーキが採用された。

RZならびにSZ-Rに、電子制御ショックアブソーバーシステムREASを採用。これは、左右のショックアブソーバーを中間ユニットを介して連結し、オイルが自由に左右のショックアブソーバーに出入りできるようにしたものである。これによって、左右の動きによって最適な補助減衰力がコントロールされ、あらゆる路面状況に対応したバランスを確保した。さらにターボエンジンにVVT-i(可変バルブタイミング機構)を採用。これによって吸気効率が大幅に向上し、最大トルクは2.0kg-mアップ。それと同時に燃費も改善された。内装では、RZとSZ-Rにカーボン素材のステアリングが採用された。そしてRZにはレカロシートが標準装備された。RZ-Sでは、ATのシフトレバーをゲート化し、ステアマチックを採用した。


スープラ SZ

自然吸気のDOHC(2JZ-GE:225馬力/29.0kgm)エンジンを積むグレードで、5速MTと4速ATの設定となった。スープラ自然吸気エンジンのベースモデルとなる。

スープラ SZ-R

自然吸気のDOHC(2JZ-GE:225馬力/29.0kgm)エンジンを積むグレードで、5速MTの設定となる。99年8月からは4ATが設定された。SZ-Rでは、ビルシュタイン製サスやトルセンLSD、前後異サイズタイヤを標準装備したスポーツモデルである。RZと同じゲドラグ製6速MTを装備し、カーボン素材のステアリングホイールを装着した。

スープラ SZ エアロトップ

自然吸気のDOHC(2JZ-GE:225馬力/29.0kgm)エンジンを積むグレードで、4速ATの設定となった。エアロトップでは、スープラ自然吸気エンジンをベースにルーフをオープンにしたタルガトップ仕様である。GZが廃止されたことで、エアロトップ仕様はSZのみとなった。99年7月までの販売となった。

スープラ RZ-S

ツーウェイツインターボ(2JZ-GTE:280馬力/44.0kgm)エンジンを積むグレードで、国内初のゲドラグ製6速MTを搭載する。今回RZ-Sには、オプションで本革シートが設定された。

スープラ RZ

ツーウェイツインターボ(2JZ-GTE:280馬力/44.0kgm)エンジンを積むグレードで、国内初のゲドラグ製6速MTを搭載する。リヤウィングを標準装備し、6速MTのみの設定となる。カーボン素材のステアリングホイールを備え、17インチの前後異径アルミホイール及び大容量ブレーキを装備。今回、可変バルブタイミング機構であるVVT-iを搭載したことで、トルクの向上と燃費の改善が図られた。また、レカロシートが標準装備となった。



スープラ トヨタ の最新在庫情報

9 件中  1~9を表示
1


スープラ トヨタ の買取、査定、中古車買取、中古車査定、車を高く売りたい方はGTNET

スープラ トヨタ の買取、査定に関して疑問点はございませんか?GTNETが運営する中古車の買取、中古車査定サイト「スポーツカーの中古車買取・中古車査定ならGTNET」なら、お車の買取、査定、売却、はもちろんの事、スープラ トヨタ の買取、査定などの情報が満載です。スープラ トヨタ の買取、査定のことをもっと知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。あなたのわがままにこたえる査定額になるようきっと方法があるはずです。なお、掲載中のスープラ トヨタ の買取、査定などの情報は独自に調査・採取したデータを掲載しております。詳細な情報については、お電話もしくはメールにお問い合わせください。


買取査定 ボタン




スープラ トヨタ のトップへ戻る スープラ トヨタ のトップへ戻る