レガシィB4 スバル の買取・査定 | 中古車の買い取り、中古車査定ならGTNET

レガシィB4 スバル の高価買取実施中!!

レガシィB4 スバル の買取・査定は
スポーツカー専門のGTNETにお任せください。
専門店だから出せる納得の高価格であなたのレガシィB4 スバルの買取、査定を致します。チューニングや改造、各種パーツを取り付けしたレガシィB4 スバルも高価買取・査定いたします。

レガシィB4 スバル 高価買取・査定の情報

スバルを代表するスポーツセダンであるレガシィB4。ボクサーエンジン搭載にスバルのお家芸とも言える4WDとの組み合わせ。NAエンジンのモデルからターボエンジンのモデルまで幅広くラインナップし、排気量も2リッターから3リッターまでラインナップ。中古車市場にも数多くのレガシィB4が流通し、古いモデルから最新モデルまで取引が多くされている車です。基本的には限定モデルが高価買取のポイントで、通常モデルは年数に従って相場は下がっている傾向となっています。


レガシィB4 スバル
カラーで見る 高価買取のポイント!

ホワイト系、ブラック系が高価買取のポイント!どちらかと言うとそれ以外の色はマイナスになるイメージです。限定モデルのチューンドBySTIなどは、やはりWRブルーが高価買取のポイントです!!レッドやシルバーは比較的値段が低くなる傾向にありますが、ブリッツェンはレッドでもマイナスにはなりません。また、紺色も数多く流通しており、相場的にはホワイトやブラックとそこまで変わらない査定金額となっています。

レガシィB4 スバル
グレードで見る 高価買取のポイント!

ターボモデルが高価買取のポイント!もちろん限定モデルのSシリーズやSTIシリーズも高価買取!市場に数多く流通しているレガシィB4だからこそ、限定モデルの価値が高いです。逆にNAモデルはかなり安く流通している関係で、買取相場もそこまで期待できません。

買取査定 ボタン

フリーダイアル


GTNET買取 オンライン査定の流れ

レガシィB4 スバル 買取・査定申込フォーム

中古車買取り・査定 アンケート一覧一覧を見る>>

84eed474a4163677ea6d5dff373287f9_00510000000000007563_1.jpg
N.T様    男性    スバル  レガシィB4 査定日:2017月9月23日
icon接客対応に安心感が持てました。
icon社外AWやマフラーが入っており店頭においても反響のある...
この買取に関するお客様の総合評価は、star(非常に満足)でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>
noimg
G.O様    男性    スバル  レガシィB4 査定日:2016月9月15日
iconローン残金の清算もありましたが、手続きが円滑でとても助...
icon当社でご購入のお車ですのでそれだけでプラスポイントです...
この買取に関するお客様の総合評価は、star(非常に満足)でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>
da0cd2254583d4b859533b3045848ecb_IMG_8637.JPG
M.K様    男性    スバル  レガシィB4 査定日:2014月1月26日
icon親切且つ素早い対応をしていただきありがとうございました。
icon後期型のMT車で希少なのでよい査定額を提示できました。
この買取に関するお客様の総合評価は、star(満足)でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>
noimg
H.N様    男性    スバル  レガシィB4 査定日:2014月2月28日
iconスタッフの対応がよかった。取引に関してとても慣れていた。
この買取に関するお客様の総合評価は、star(非常に満足)でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>
7e5dfb6b1e9ef24c4e4ddc40e4ec0ffa_00510000131000630138.05.jpg
Y.F様    男性    スバル  レガシィB4 査定日:2013月9月28日
iconD型・カロツェリアHDDナビ
この買取に関するお客様の総合評価は、star()でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>

スバル レガシィの魅力に迫る(BP/BL型)

4WDスポーツセダンとして独自の地位を確立したスバルレガシィ。その進化に迫る。

4代目レガシィの誕生

2003年5月、4代目となるレガシィが誕生した。水平対向エンジンやシンメトリカルAWDなど、レガシィの伝統的な 性能はそのままに進化を遂げて発売された。ボディーサイズは3ナンバーサイズへとアップしたが、ドライバーは その大きさを感じることもないほどシャープな印象を与える室内空間を作り上げた。そして、EJ20エンジンは80%もの部品が新設計となる大変更を加えた。ターボ モデルには、デュアルAVCSツインスクロールターボを採用し、吸排気の可変バルブシステムや吸排気系の見直しなどもあり、280ps、最大トルク35.0kg-mを達成した。足廻りでは、フロントがストラット、リアがマルチリンク式で、各アームやリンクをアルミ製にしたことによって軽量化も同時に図った。また、3ナンバーサイズになりトレッド幅が広がったことで、操縦安定性も増した。ダンパーはビルシュタイン製が採用された。 このモデルがレガシィBP/BL型の中でA型とされた。


レガシィのマイナーチェンジ

2004年5月にB型となるレガシィが発売された。このモデルでは、安全装備の見直しと人気装備の設定拡大が大きな柱となっている。同年の7月に発売された記念モデルは、世界ラリー選手権(WRC)ジャパン開催を記念したモデルで、2.0GT spec.BをベースにしてWRブルー・マイカを専用色として 採用し、ゴールドの18インチアルミホイール、アルミシフトノブ、ブルーアルカンターラのブルーシートなどが専用 装備された。同年10月、レガシィ初の6速MTが登場した。3.0R spec.Bとして、インプレッサWRX STiの6速MTをベースに、6気筒エンジンに搭載された。2005年5月にはC型のレガシィが誕生。ツーリングワゴンとセダンの3.0R specBに5ATが追加。2.0iとツーリン グワゴンの2.0iカジュアルエディションに5MTが追加設 定された。HDDナビをメーカーオプションに設定するなど、仕様や装備の充実も図られた。2005年の8月には、C型のモデルでWR-Limited 2005&Tuned by STIが発売された。WRCインプレッサを彷彿させるそのエクステリアは、2005年のラリージャパンを記念したモデルである。STIで開発されたパーツがふんだんに取り入れられた。STI刺繍入りシート、STI ピロボールブッシュリアサスリンク、STIスポーツマフラー、STIストラットタワーバー、BBS製のゴールドアルミホイール、ブレンボ社製のブレーキキャリパーなどが取 り入れられた。 レガシィは、スポーツセダンとして日常使う車と操る楽しみの両方を兼ね備えた車として幅広い層に人気を集め、5代目のレガシィへと伝統は引き継がれていった。


レガシィのセダン系に与えられたネーミングがB4。ツーリングワゴンのグランドツーリングのテイストをそのままに、4ドアハードトップボディを与えたモデルである。グレード展開は、2Lツインカムターボを搭載するRSKと、2Lツインカムを搭載するRSの2グレード展開。エンジン出力はRSKの5MT仕様が280ps、4AT仕様が260ps。RSは5MT、4ATともに155psとなる。4ATの仕様はRSKがステアリングでもマニュアル操作が可能なステアマチック仕様、RSがゲート式セレクターとなる。


RSK

ツインカムターボを搭載し、最高出力280ps、最大トルク35kg.mを発揮するグレード。5MTと4ATが用意されている。

レガシィのセダン系に与えられたネーミングがB4。ツーリングワゴンのグランドツーリングのテイストをそのままに、4ドアハードトップボディを与えたモデルである。グレード展開は、2Lツインカムターボを搭載するRSKと、2Lツインカムを搭載するRSの2グレード展開。エンジン出力はRSKの5MT仕様が280ps、4AT仕様が260ps。RSは5MT、4ATともに155psとなる。4ATの仕様はRSKがステアリングでもマニュアル操作が可能なステアマチック仕様、RSがゲート式セレクターとなる


ブリッツェン

富士重工業とポルシェ・デザイン社で、フロントバンパー、リヤバンパー、リヤスポイラー、フロントグリル、17インチアルミホイールを装着したほか、軽量アルミ製フロントフード、MT車にはトラクション性能を向上させるフロントヘリカルLSDを採用し、スポーツセダンとしての性能をさらに高めている。

レガシィのセダン系に与えられたネーミングがB4。ツーリングワゴンのグランドツーリングのテイストをそのままに、4ドアハードトップボディを与えたモデルである。グレード展開は、2Lツインカムターボを搭載するRSKと、2Lツインカムを搭載するRSの2グレード展開。エンジン出力はRSKの5MT仕様が280ps、4AT仕様が260ps。RSは5MT、4ATともに155psとなる。4ATの仕様はRSKがステアリングでもマニュアル操作が可能なステアマチック仕様、RSがゲート式セレクターとなる。


RSK

ツインカムターボを搭載し、最高出力280ps、最大トルク35kg.mを発揮するグレード。5MTと4ATが用意されている。

ブリッツェン2001モデル

富士重工業とポルシェ・デザイン社で、フロントバンパー、リヤバンパー、リヤスポイラー、フロントグリル、17インチアルミホイールを装着したほか、軽量アルミ製フロントフード、MT車にはトラクション性能を向上させるフロントヘリカルLSDを採用し、スポーツセダンとしての性能をさらに高めている。選択仕様装備として本革シートとなるレザーパッケージなども用意される。

レガシィのセダン系に与えられたネーミングがB4。ツーリングワゴンのグランドツーリングのテイストをそのままに、4ドアハードトップボディを与えたモデルである。グレード展開は、2Lツインカムターボを搭載するRSKと、2Lツインカムを搭載するRSの2グレード展開。エンジン出力はRSKの5MT仕様が280ps、4AT仕様が260ps。RSは5MT、4ATともに155psとなる。4ATの仕様はRSKがステアリングでもマニュアル操作が可能なステアマチック仕様、RSがゲート式セレクターとなる。


RSK

ツインカムターボを搭載し、最高出力280ps、最大トルク35kg.mを発揮するグレード。5MTと4ATが用意されている。

ブリッツェン2001モデル

BLITZEN2001に続くモデルで、2002モデルではデザインを一新したフロントバンパー、フロントグリル、リヤバンパー、サイドスカート、リヤスポイラーなどを装着。さらに、シルバーグレー色ヘッドランプベゼル、チタン調パネルなどの専用部品や、マッキントッシュオーディオを装備し、内外装を独自性の強い仕様とするとともに、5MT車にはフロント・ヘリカルLSD、フロント16インチ対向4ポットブレーキを採用し、スポーツ性をより高めたモデルとなっている。

ブリッツェン6

新たに追加された3L 水平対向6気筒DOHCのRS30をベースにポルシェデザインによるスペシャルモデルである。

RSK Limited II

「Limited II」は、B4「RSK」をベースに、シート表皮を専用のものとする一方、ユーザーの選択肢を広げるため、オーディオを非装着とし、価格をおさえたモデルである。

S401 STi version

スバルのモータースポーツワークスであるSTIによってチューニングされたグレードである。最高出力は13psアップの293ps。フロントにはブレンボの対向4ポッドブレーキキャリパーを装備し、足回りから内装までSTI独自のチューンが施されている。

ブリッツェン2003モデル

専用のエクステリアデザイン、フロント・ヘリカルLSD(5MT車)を装備するなど、ブリッツェン2002モデル同様の仕様装備を施し、クイックステアリングギヤレシオや、スポーツシフト4AT車にもフロント4ポットブレーキキャリパーを新たに採用するなど、走りの装備を充実させたモデルである。さらに、内装は、専用の本革シート、本革ドアトリムやルーフトリムなどの採用している。

「走りと機能と美しさの融合」を開発テーマに4代目となったレガシィ。全幅を1,730mmの3ナンバーサイズとし、トレッド拡大&ホイールベース延長とすることで操縦安定性の向上が図られている。また、Cd値はツーリングワゴンで0.30、B4で0.28という優れた空力性能を実現。まさに走りと機能と美しさを融合させたモデルである。


20GT

GTモデルのベース。最高出力は280ps、最大トルク35kg.mを発揮する。5MTと5ATが用意されている。ビルシュタイン製ダンパーが装備される。

20GT spec B

ベースモデルのGTから、18インチアルミホイールや専用のグリルやスポイラーを装着するGTグレードのトップモデルである。

20GT 50th Anniversary

富士重工業創立50周年を記念した「レガシイ50thアニバーサリー」は、アイボリー色の内装色を施すとともに、シート素材には、本革およびアルカンターラを組み合わせた専用シートを採用。また、ハイラスター(光輝)塗装を施したアルミホイールを装備するなど、スポーティな走りの中に上質感を持たせたモデルとなっている。

「走りと機能と美しさの融合」を開発テーマに4代目となったレガシィ。全幅を1,730mmの3ナンバーサイズとし、トレッド拡大&ホイールベース延長とすることで操縦安定性の向上が図られている。また、Cd値はツーリングワゴンで0.30、B4で0.28という優れた空力性能を実現。まさに走りと機能と美しさを融合させたモデルである。


20GT

GTモデルのベース。最高出力は280ps、最大トルク35kg.mを発揮する。5MTと5ATが用意されている。ビルシュタイン製ダンパーが装備される。

20GT spec B

ベースモデルのGTから、18インチアルミホイールや専用のグリルやスポイラーを装着するGTグレードのトップモデルである。

20GT spec B WR-Limited 2004

WRCで活躍するWRカー「インプレッサWRC 2004」と同様に、WRブルーのボディカラーとゴールド塗装のアルミホイールを組み合わせるとともに、内装にも専用の仕様装備を施したモデルである。専用のHIDロービームランプや、ブルーのアルカンターラとブラックのレザーを組み合わせた専用シート、レッドイルミネーションタイプの専用メーターを採用するなど、スポーティな仕様装備を充実させた。

3.0R spec B

3Lの「3.0R」をベースに6速マニュアルと組み合わせたモデルが「3.0R spec.B」である。新設計の倒立式ビルシュタイン製ダンパーを装着し、よりスポーツ性能を高める。

20GT アルカンターラ・セレクション

グレー色のアルカンターラを組み合わせた専用シート、専用トリムを採用した上質なモデルである。

ブリッツェン 2005 モデル

「ブリッツェン2005モデル」は、これまでのブリッツェンモデル同様に専用デザインのフロントバンパー、フロントグリル、リヤバンパー、17インチアルミホイールなどを装備するとともに、歴代のブリッツェンに採用した専用外装色「プレミアムレッド」を設定する。インテリアには、「Blitzen」ロゴが入った、レッドとブラックのツートーン色、またはブラック単色のいずれかを選べる専用の本革シートやドアトリムを採用したのをはじめ、ピラートリム、ルーフトリムなどをブラックで統一した。

新ボディ色の設定、高機能HDD(ハードディスクドライブ)ナビ装着オプション設定など、仕様や装備を充実。また、サスペンションの仕様変更などにより操縦安定性と乗り心地を高め、商品力の強化を図った。エンジン搭載位置は、前端で22mm、フロントデファレンシャルの位置で10mm下げ、より低重心として搭載。3.0RとGTグレードは新設計の倒立式ビルシュタイン製ダンパーを装着し、よりスポーツ性能を高める。


20GT

GTモデルのベース。最高出力は280ps、最大トルク35kg.mを発揮する。5MTと5ATが用意されている。ビルシュタイン製ダンパーが装備される。

20GT spec B

ベースモデルのGTから、18インチアルミホイールや専用のグリルやスポイラーを装着するGTグレードのトップモデルである。

3.0R spec B

3Lの「3.0R」をベースに6速マニュアルと組み合わせたモデルが「3.0R spec.B」である。新設計の倒立式ビルシュタイン製ダンパーを装着し、よりスポーツ性能を高める。

20GT WR-Limited 2005

「WR-Limited 2005」は、2L水平対向4気筒ターボエンジンを搭載B4「2.0GT」のAT車をベースに、WRCで活躍するWR-CAR「インプレッサWRC 2005」と同様に、WRブルーのボディカラーとゴールド塗装を施したアルミホイールを組み合わせるとともに、STI製フロントアンダースポイラー、SWRTリヤオーナメントを装備。またインテリアにも、ブルーのアルカンターラとブラックのレザーを組み合わせたシート、レッドイルミネーションタイプのメーターなど、専用の仕様装備を施した。

tuned by STI

「tuned by STI」は、「2.0GT spec.B」をベースに、STIで開発した架装部品を装着し、エクステリア、インテリアにも専用の仕様装備を施したモデルとなる。

ブリッツェン 2006 モデル

「Blitzen(ブリッツェン)2006 MODEL」は、ビルシュタイン製サスペンションなどを装備した「2.0GT spec.B」をベースに、エクステリア、インテリアに専用の仕様装備を施したモデルである。エクステリアは、専用にデザインされたフロントバンパー、フロントグリル、リヤバンパーのほか、新デザインのアルミホイールを採用。また、歴代ブリッツェンの専用外装色である「プレミアムレッド」を設定した。

マイナーチェンジが行われ、外観ではフロントマスク、リアコンビランプなどのデザインを変更。フロントグリルを六角形とし、グレードに合わせて航空機の翼をモチーフとしたデザインを採用。2Lターボ車と3L車に3種類の走りを楽しめる新システムSI-DRIVE を採用した。


20GT

GTモデルのベース。最高出力は280ps、最大トルク35kg.mを発揮する。5MTと5ATが用意されている。ビルシュタイン製ダンパーが装備される。

20GT spec B

ベースモデルのGTから、18インチアルミホイールや専用のグリルやスポイラーを装着するGTグレードのトップモデルである。

tuned by STI

「tuned by STI」は、「2.0GT spec.B」をベースに、STIで開発した架装部品を装着し、エクステリア、インテリアにも専用の仕様装備を施したモデルとなる。

20GT SI-Cruise Limited

ドライバーが用途に合わせて3つの異なる走行性能を選択することのできるシステムSI-DRIVE搭載車をベースに、新開発のSIレーダークルーズコントロールを採用。フロントグリル内に設けたレーザーレーダーにより、ほぼ0km-100kmまでの速度域において先行車を追従する機能を搭載したモデルである。

今回の小変更によって、2.0GTと3.0RのSIクルーズ装着グレードを、2.0Rに専用グリルなどを装着したスポーティなスペックBを新設定した。携帯することで施錠、開錠やエンジン始動が出来るアクセスキーも一部グレードに装備。また、“G-BOOK ALPHA”対応HDDナビをオプション採用する。


20GT

GTモデルのベース。最高出力は280ps、最大トルク35kg.mを発揮する。5MTと5ATが用意されている。ビルシュタイン製ダンパーが装備される。

20GT spec B

ベースモデルのGTから、18インチアルミホイールや専用のグリルやスポイラーを装着するGTグレードのトップモデルである。

20GT SI-Cruise Limited

最高出力は280ps、最大トルク35kg.mを発揮するGTのベースモデルに、SIクルーズを搭載したグレードである。5ATが用意されている。

tuned by STi 600台限定車

tuned by STIは、「2.0GT spec.B(スペックB)」をベースとして、シャシー各所をチューニング、内外装にも専用仕様の装備を施した。過去2005年、2006年にも特別仕様車として発売、シリーズ第3作の今回は走りおよび外観・内装においてより上質感を追求したモデルとなっている。シャシーには、STIチューニングのビルシュタイン製ダンパーとコイルスプリング、新たに設計したフレキシブルタワーバー、ピロボールタイプのリヤサスペンションリンク、ブレンボ製大径ブレーキシステムなどを装着し、更にタイヤサイズを拡幅(215から225へ)。またエクステリアには、STI製フロントアンダースポイラー、トランクスポイラー(B4)を装着し、高速走行時の安定性を高めるとともに、新デザインの18インチアルミホイール、テールエンドが二重管構造のスポーツマフラーを装着。



レガシィB4 スバル の最新在庫情報

14 件中  1~10を表示


レガシィB4 スバル の買取、査定、中古車買取、中古車査定、車を高く売りたい方はGTNET

レガシィB4 スバル の買取、査定に関して疑問点はございませんか?GTNETが運営する中古車の買取、中古車査定サイト「スポーツカーの中古車買取・中古車査定ならGTNET」なら、お車の買取、査定、売却、はもちろんの事、レガシィB4 スバル の買取、査定などの情報が満載です。レガシィB4 スバル の買取、査定のことをもっと知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。あなたのわがままにこたえる査定額になるようきっと方法があるはずです。なお、掲載中のレガシィB4 スバル の買取、査定などの情報は独自に調査・採取したデータを掲載しております。詳細な情報については、お電話もしくはメールにお問い合わせください。


買取査定 ボタン




レガシィB4 スバル のトップへ戻る レガシィB4 スバル のトップへ戻る