セリカ トヨタ の買取・査定 | 中古車の買い取り、中古車査定ならGTNET

セリカ トヨタ の高価買取実施中!!

セリカ トヨタ の買取・査定は
スポーツカー専門のGTNETにお任せください。
専門店だから出せる納得の高価格であなたのセリカ トヨタの買取、査定を致します。チューニングや改造、各種パーツを取り付けしたセリカ トヨタも高価買取・査定いたします。

セリカ トヨタ 高価買取・査定の情報

今ではラリーカーのイメージもなくなってしまったセリカではあるが、ST系の車両はWRCにも出場していたラリーカー。ハイパワーの4WDという設定があったために人気のスポーツカーの一つであった。最終モデルのZZT型のセリカになってからは、6MTの設定がありスポーティな仕様ではあるものの、エンジンはNAでパワーもそこまでなくという設定だったため、市場の球数こそそこそこの流通量ではあるものの、徐々にその人気も少なくなり価格は下落傾向にあります。


セリカ トヨタ
カラーで見る 高価買取のポイント!

ZZT系のセリカが主流のため、この型に絞った話をすると、そこまでカラーによる価格の差はありません。アルテッツァやMR-Sと同じくソリッド色を採用しているので、色あせをしていないというのが高価買取のポイントになります。また、ドレスアップも重要な要素。特にエアロパーツがついているかいないかでは査定価格も変わってきます。

セリカ トヨタ
グレードで見る 高価買取のポイント!

ST系のセリカは、4WDターボのGT-Fourが一番人気。程度良好の距離も少ない車両ならZZT系よりも高値で取引されます。一方ZZT系は、SS2かSS3がグレードとしては高価買取。SS1は価値が非常に低いので査定額の期待はあまり持てません。限定のモデルでTRDスポーツMがZZT系で設定されました。このモデルはその希少性から通常グレードよりも高値で取引されますが、セリカ自体がそこまで需要がないために、大幅なアップは期待できません。

買取査定 ボタン

フリーダイアル


GTNET買取 オンライン査定の流れ

セリカ トヨタ 買取・査定申込フォーム

中古車買取り・査定 アンケート一覧一覧を見る>>

b2c87dd75ad17bbddb26072df43593a2_IMG_9719.JPG
T.M様    男性    トヨタ  セリカ 査定日:2017月5月25日
icon検討する時間が欲しかった。
icon走行距離も少なく、機関部のコンディションも良好なお車です!
この買取に関するお客様の総合評価は、star(非常に満足)でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>
8a849b0dc02cee80d3686e12ef029954_00510000000000004798_1.jpg
N.A様    男性    トヨタ  セリカ 査定日:2016月8月19日
icon引き渡し日等の条件のすり合わせが出来た点、強引な営業で...
iconワンオーナーで状態も良く、余計な社外パーツがなくオリジ...
この買取に関するお客様の総合評価は、star(やや満足)でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>
noimg
A.T様    男性    トヨタ  セリカ 査定日:2014月2月12日
iconぜひ可愛がって下さる方に巡り逢えることえを願います。
この買取に関するお客様の総合評価は、star()でした。 詳しいアンケート結果は、こちら>>

トヨタ セリカの魅力に迫る

WRCベース車輌からFFスポーツカーとしてのハイパフォーマンスを発揮するトヨタセリカ。その歴史に迫る。

セリカの起源

1970年10月、セリカは国産初の本格的なスペシャリティーカーとして、ノッチバックボディのスマートなフォルムで登場。当時のセリカは「だるまセリカ」の俗称を持つ。 当時発売されたセリカは、性能を追求したモデルとしてではなく、パーソナルユースに主眼を置いた形で開発された。そのため、4種類のエンジンと3種類のミッション、 そして8種のインテリアを好みに応じて組み合わせることのできる「セリカフルチョイスシステム」を導入した。 このセリカを起源に、ラグジュアリーセリカとスポーツGTカーとしてのセリカが確立されていった。3代目(A60系) セリカでは、国産初となるツインカムターボエンジンを搭載したモデルが発売され、WRCのホモロゲーションを取得するための「GT-TS」という限定モデルも発売された。 4代目(ST16系)セリカで、FFスペシャリティーカーとしてフルモデルチェンジし、このモデルに4WDシステムを持つ「GT-FOUR」のグレードが設定された。当時、同クラスでは最高水準の走行性能を持つスポーツカーとして君臨した。その後5代目(ST18系)、6代目(ST20系)と 「GT-FOUR」は設定され、6代目のセリカではグループAホモロゲモデルである「GT-FOUR RC」にてWRCへ挑戦した。6代目のセリカは、WRCでの数々のチャンピオン獲得によって世界にその高い性能を示すこととなっ た。そして、GTカーとしてのテイストを持って進められてきた開発は、7代目(ZZT23系)セリカにて大きく変化した。 新時代のスペシャリティーカーとしてこれまでのデザインを一新し、新感覚GTとして発売された。7代目では、「GT-FOUR」は設定されず、GTとしてのセリカではなく走りとドライビングを楽しめる新時代のスペシャリティーカーであった。


ST20前期

93年10月にモデルチェンジされ、6代目へと進化したセリカがこのモデルである。これまでのリトラクタブルヘッドライトを廃止して、丸目4灯のヘッドライトを採用。このモデルに設定された「GT-FOUR」の3S-GTEエンジンは、大容量ターボチャージャーの採用や過給効率の向上により、最高出力255ps、最大トルク31.0kg-mを発揮した。フロントサスペンションにはスーパーストラットサスペンションが標準装備され、スポーツABSもオプション設定された。 97年12月にマイナーチェンジが施されて、大型リアスポイラー、カラードサイドマッドガードなどが標準装備された。


SS-Ⅰ

2Lのハイメカツインカム(3S-FE:140馬力)を搭載したベースモデル。ST20モデルから3ナンバーワイドボディを採用し、セリカは独立配置した丸型4灯異形ヘッドランプとダックテール形状のリアエンド。95年8月にマイナーチェンジが施され、フロントバンパーのエアインテークが3分割され、外側にフォグランプを配置。サイドマッドガードも設定された。96年6月には、トヨタ全車ABS、エアバック化に伴い標準装備した。

SS-Ⅰ4WS

2Lのハイメカツインカム(3S-FE:140馬力)を搭載したベースモデルに、4輪操舵システムを搭載したモデル。ST20モデルから3ナンバーワイドボディを採用し、セリカは独立配置した丸型4灯異形ヘッドランプとダックテール形状のリアエンド。95年8月にマイナーチェンジが施され、フロントバンパーのエアインテークが3分割され、外側にフォグランプを配置。サイドマッドガードも設定された。96年6月、トヨタ全車ABS、エアバック化に伴い標準装備した。

SS-Ⅱ

2Lスポーティツインカム(3S-GE)の3ユニットを搭載する。最高出力180ps、最大トルク19.5kg-mを発揮する。ST20モデルから3ナンバーワイドボディを採用し、セリカは独立配置した丸型4灯異形ヘッドランプとダックテール形状のリアエンド。95年8月のマイナーチェンジでは、リアコンビネーションランプの意匠変更がされ、リアスポイラーのウィング形状も変更された。96年6月、トヨタ全車ABS、エアバック化に伴い標準装備した。

SS-Ⅱスーパーストラットサスペンション装着車

2Lスポーティツインカム(3S-GE)の3ユニットを搭載する。最高出力180ps、最大トルク19.5kg-mを発揮する。複雑なリンク機構で独特の動きをし、操縦安定性や旋回時のグリップ限界を大幅に高めるトヨタ独自のスーパーストラット式サスペンション装着車。ST20モデルから3ナンバーワイドボディを採用し、セリカは独立配置した丸型4灯異形ヘッドランプとダックテール形状のリアエンド。95年8月のマイナーチェンジでは、リアコンビネーションランプの意匠変更がされ、リアスポイラーのウィング形状も変更された。96年6月、トヨタ全車ABS、エアバック化に伴い標準装備した。

GT-FOUR

セリカの中で最もパワフルなグレードである。大容量ターボチャージャーの採用や過給効率の向上により、最高出力255ps、最大トルク31.0kg-mを発揮した。フロントサスペンションにはスーパーストラットサスペンションが標準装備され、スポーツABSもオプション設定された。95年8月のマイナーチェンジでは、SSⅠやⅡの仕様変更に加えてアルミホイールのデザインが変更された。96年6月、センサーで車輌の走行状態を検知し各車輪を最適制御するスポーツABSが標準装備された。

GT-FOUR WRC仕様車

世界ラリー選手権出場のための、グループAホモロゲモデルである。世界5000台のうち国内には1800台が限定販売された。

SS-Ⅰスペシャルエディション(94年9月・96年2月)

94年9月、SS-Ⅰをベースにリヤスポイラー、専用シート表皮、CD付きカセット+ダイバシティアンテナ+6スピーカー、特別色としてダークグリーンマイカを用意した。96年2月にも同モデルを限定販売。

SS-Ⅲ

2Lスポーティツインカム(3S-GE)の3ユニットを搭載する。最高出力180ps、最大トルク19.5kg-mを発揮する。スーパーストラットサスペンションとヘリカルLSDを標準装備するモデルである。96年6月、センサーで車輌の走行状態を検知し各車輪を最適制御するスポーツABSが標準装備された。

SS-Ⅰホワイトエディション

ベースモデルのSS-Ⅰにリヤスポイラー、サイドマッドガード、ホワイトホイールキャップ、オプションとしてホワイトアルミホイールを用意。インテリアでは、ホワイトメーター.「CELICA」ロゴ入りシート、FMダイバシティアンテナ+6スピーカーなどを備えるモデルである。

ST20後期

3S-GEエンジンを連続可変バルブタイミング機構であるVVT-iを搭載したBEAMSエンジンに変更し、出力、トルク、燃費の向上を図った。そして新たにマルチリフレクター式をハイビームに、プロジェクター式をロービームに採用した。GT-FOURやSS-Ⅲには大型のリアスポイラーを標準設定するなど、エクステリアも変更された。


SS-Ⅰ

2Lのハイメカツインカム(3S-FE:140馬力)を搭載したベースモデル。ST20モデルから3ナンバーワイドボディを採用し、セリカは独立配置した丸型4灯異形ヘッドランプとダックテール形状のリアエンド。

SS-Ⅰ4WS

2Lのハイメカツインカム(3S-FE:140馬力)を搭載したベースモデルに、4輪操舵システムを搭載したモデル。ST20モデルから3ナンバーワイドボディを採用し、セリカは独立配置した丸型4灯異形ヘッドランプとダックテール形状のリアエンド。

SS-Ⅱ

2Lスポーティツインカム(3S-GE)の3ユニットを搭載する。続可変バルブタイミング機構であるVVT-i化によって、最高出力200ps、最大トルク21.0kg-mを発揮する。

SS-Ⅲ

2Lスポーティツインカム(3S-GE)の3ユニットを搭載する。続可変バルブタイミング機構であるVVT-i化によって、最高出力200ps、最大トルク21.0kg-mを発揮する。スーパーストラットサスペンションとヘリカルLSDを標準装備するモデルである。今回のマイナーチェンジで、GT-FOURと同形状の大型リアスポイラーを装着し、フロントバンパーやリアアンダースポイラー、サイドマッドガードを装着した。また、オプションでレカロSR-Ⅱが設定された。

GT-FOUR

セリカの中で最もパワフルなグレードである。大容量ターボチャージャーの採用や過給効率の向上により、最高出力255ps、最大トルク31.0kg-mを発揮した。フロントサスペンションにはスーパーストラットサスペンションが標準装備され、スポーツABSもオプション設定された。今回のマイナーチェンジで大型リアスポイラーを装着し、フロントバンパーやリアアンダースポイラー、サイドマッドガードを装着した。また、オプションでレカロSR-Ⅱが設定された。

99年9月にフルモデルチェンジを行い登場した7代目セリカ。これまでのGTカーとしての要素は取り除かれ、エクステリアデザインは先進的なスペシャリティーカーを前面に出した。グレード設定は、ベーシックなSS-ⅠとスポーティーなSS-Ⅱ及びスーパーストラットパッケージである。搭載されたエンジンは、新世代のオールアルミ製1.8LBEAMS製エンジンを2機種。SS-ⅠにはVVTi付きの1ZZ-FEエンジン(最高出力145ps)。 SS-Ⅱにはバルブタイミング及びバルブリフト量も可変するVVTL-ⅰ付きの2ZZ-GE(最高出力190ps)エンジンを搭載。ミッションは、SS-Ⅰが5速MT、SS-Ⅱには6速MTが搭載された。


SS-Ⅰ

VVTi付きの1ZZ-FEエンジン(最高出力145ps)を搭載。5速MTと4速ATが用意された。安全機構として、デュアルエアバッグ(サイドはオプション)、EBD付きABS、フォースリミッター&プリテンショナー付きシートベルトを全車に標準で装備する。SS-Ⅰでは、マニュアルエアコンにミラーは手動格納式となる。

SS-Ⅱ

バルブタイミング及びバルブリフト量も可変するVVTL-ⅰ付きの2ZZ-GE(最高出力190ps)エンジンを搭載。6速MTと4速ATの組み合わせとなる。SS-Ⅰと比較すると、タイヤの幅が拡大され、リアスポイラー、マフラーカッター、オートエアコンなどが標準装備される。

SS-Ⅱスーパーストラットパッケージ

SS-Ⅱをベースに、専用ホイールである16インチタイヤを装着し、ヘリカルLSD、Rパフォーマンスロッド、Fフォグランプ、アルミペダルなどが装着される。

今回のマイナーチェンジでは、内外装の意匠変更がなされた。全車にディスチャージヘッドランプを採用し、フロントバンパー、リアコンビランプ、リアライセンスガーニッシュ、コンビネーションメーターの意匠を変更した。これによって内外装はより一段と洗練された。そして新たにボディカラーに2色が追加された。


SS-Ⅰ

VVTi付きの1ZZ-FEエンジン(最高出力145ps)を搭載。5速MTと4速ATが用意された。ディスチャージヘッドランプを標準装備し、安全機構として、デュアルエアバッグ(サイドはオプション)、EBD付きABS、フォースリミッター&プリテンショナー付きシートベルトを全車に標準で装備する。SS-Ⅰでは、マニュアルエアコンにミラーは手動格納式となる。

SS-Ⅱ

バルブタイミング及びバルブリフト量も可変するVVTL-ⅰ付きの2ZZ-GE(最高出力190ps)エンジンを搭載。6速MTと4速ATの組み合わせとなる。SS-Ⅰと比較すると、タイヤの幅が拡大され、リアスポイラー、マフラーカッター、オートエアコンなどが標準装備される。

SS-Ⅱスーパーストラットパッケージ

SS-Ⅱをベースに、専用ホイールである16インチタイヤを装着し、ヘリカルLSD、Rパフォーマンスロッド、Fフォグランプ、アルミペダルなどが装着される。



セリカ トヨタ の最新在庫情報

7 件中  1~7を表示
1


セリカ トヨタ の買取、査定、中古車買取、中古車査定、車を高く売りたい方はGTNET

セリカ トヨタ の買取、査定に関して疑問点はございませんか?GTNETが運営する中古車の買取、中古車査定サイト「スポーツカーの中古車買取・中古車査定ならGTNET」なら、お車の買取、査定、売却、はもちろんの事、セリカ トヨタ の買取、査定などの情報が満載です。セリカ トヨタ の買取、査定のことをもっと知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。あなたのわがままにこたえる査定額になるようきっと方法があるはずです。なお、掲載中のセリカ トヨタ の買取、査定などの情報は独自に調査・採取したデータを掲載しております。詳細な情報については、お電話もしくはメールにお問い合わせください。


買取査定 ボタン




セリカ トヨタ のトップへ戻る セリカ トヨタ のトップへ戻る